漢方薬・自然薬・一般薬・優良健康食品  大分県杵築市 『元気の科学を追求する』 くすりデザイン.
トップ | 病気の解説 | おすすめ商品 | ご注文 | お問い合わせ | リンク | サイトマップ | ブログ:花のかぜまる漢方堂
トップ
店舗概要
店舗案内
交通アクセス
店主プロフィール
 
お客様の声
 
分子栄養学とは
がん(悪性腫瘍)
がんと食事(栄養)
活性酸素
 
リンク集
 



トップへ戻る





医学とは、国民が健康を保ち、安心して生活ができるようにすることだ。
(日本細菌学の父、北里柴三郎)

   はじめに
「医学」には、二つあります。主にお医者さんが治療を行う「治療医学」と、家庭で自主的に行う「予防医学」です。この二つが揃ってはじめて私たちは病気を防いだり、病気を治療したりして、身体を健やかに保ち、健康寿命を延伸させて行くことができます。
 日本人の平均寿命がどんどん伸びていく中、これからますます注目されるのは
「元気で長生き」あるいは病気治療後の「再発阻止」を目的とした  「予防医学」という事になると思います。
その中心となるのが「栄養」と「漢方」の二つです。
(もちろん、この二つで、予防だけでなく、治療も可能ですが、「転ばぬ先の杖」のことわざ通り、予防に重点を置いたほうが病気になりにくいし、病気になったとしても治りが早い。)
この二つは、車の両輪のようなもので、「栄養」を抜きにした「漢方」は、効果が上がりませんし、
また、栄養だけで病気が治るものでもありません。
  当店では、東大やお茶の水大学で物理学の教授であった三石巌先生の
「分子栄養学」を手掛かりに、また漢方の大家・大塚敬節先生の「漢方医学」を足掛かりにして、皆様の「健康の自主管理」のお手伝いをしていきたいと思います。
体の設計図はDNA  健康の設計図はくすりデザイン
(デザインとは、「設計図」という意味です)

●自己責任でお願いします
当ホームページで得た情報は、個人の責任のもとで利用してください。
万が一トラブルが発生しても、管理人・当ホームページは、一切の責任を負いません。
また、このホームページを利用しての漢方薬、サプリメント、健康食品等の販売は、固くお断りいたします。そのために、万が一トラブルが発生しても、管理人・当ホームページは一切の責任を負いません。
●大分県」杵築市杵築1494-1  くすりデザイン
(セブンイレブン・南杵築店産の斜め前)
●営業時間:昼12時~夕方6時まで。 定休日:木曜美・日曜日・祝祭日

漢方薬との出会い
        薬ヒグチ在職当時、いつの頃からか、私は「耳鳴り」に
        悩まされるようになりました。(それも、左耳です)
        最初は気がつきませんでしたが、ある静かな夜、
        飛行機が飛ぶ音を聞いて、不思議に思い、
        部屋の窓を開けて空を見上げましたが飛行機は
        見えません。
        何度かそんなことがあり、初めて自分が「耳鳴り」で
        あることに気がつきました。
        
        血圧を測定してみると、最高血圧が135くらいですが、
        最低血圧が95もありました。当時漢方に興味を持っており、
        一人でコツコツ勉強していましたので、
        「漢方を使ってみよう」と思い、「七物降下湯」を
        飲み始めました。

        飲み始めて、2週間くらいすると耳鳴りは消えていました。
        このときに、私は漢方の「摩訶不思議さ」に興味を持ち、
        独学ではなく、なんとか本格的に勉強できるところは
        ないだろうか?という考えを持つようになりました。
        
        幸い当時、ヒグチはカネボウ(現 クラシエ)の漢方薬を
        中心に販売しておりましたので、私は無理をいって
        その勉強会に参加させてもらいました。
        
        そこでは岸先生が中心となって教えておられ、初級講座・
        中級講座・応用講座と順次学ばせていただきました。 
        (このときの勉強が現在私の「漢方薬の考え方の基礎」に
        なっています)

        独立後も、「日本漢方協会」などで、コツコツ研鑽を
        重ねました。
        また、漢方薬販売の大手チェーン「薬日本堂」でも
        漢方薬(中医学)を学ばせていただく機会を得、
        「漢方養生実践指導員」の資格をいただくことができました。

        その後、縁あって「自然薬」の勉強もさせていただき、
        こちらの方も「自然薬師」の資格もいただきました。

分子栄養学との衝撃的な出会い
        
「分子栄養学」との出会いは、衝撃的なものがありました。
        きっかけは全くの偶然でした。

        分子栄養学を知る以前の私は、「食養生」にも興味を
        持っていました。しかし、当時は漢方の勉強会などに
        出席すると、食養生に関しては、講師の先生方は皆、
        「穀菜食」「玄米菜食」「マクロビオティック」などを
        勧めていました。
        当然、講師の先生方によって、話すことがバラバラです。
       
        たとえば、ある先生は「生野菜がよい」、しかし他方の
        先生は、「生野菜は体を冷やすから、温野菜の方がよい」と
        相矛盾することを言ってみたり、「玄米はあらゆる栄養素が
        入っているので良い」という先生がいる一方で、
        「玄米は消化が悪いので、胃腸の弱い病人に食べさせては
        いけない」という先生もいました。

        私もそれらを勉強していましたが、だんだんと矛盾などが
        見え始めまた、「クローン牛」ができる現代においては、
        それにふさわしい科学的なそして矛盾のない合理的な
        新しい食養生があるのではないか?と
        考えるようになりました。
        ただ、それが何なのかは分からず、悶々とした日々を
        過ごしていました。


        そしてある時「分子栄養学」と出会ったのです。
        ある商品を調べるために、インターネットで検索していたら、
        偶然本当に偶然、「分子栄養学」を紹介しているページに
        いきあたりました。
        
        「分子栄養学???聞いたことがないなぁ」などと
        思いながら、そのページを読んでみました。
        (恥ずかしながら、当時は「分子栄養学」という言葉すら
         知りませんでした。)

        「すごい!これは、すごい!これこそ自分が求めていた
        食養生(栄養学)だ!」
        私は、目の前の霧、頭の中のモヤモヤがス~ッと
        晴れていくのを感じました。
        「分子栄養学」は正に「科学」でした。それは同時に、
        「化学」でもあり、「物理」でもあり、「数学」でもありました。
   
        今までの「食養生」と違い「合理的」であり「矛盾」がなく、
        「理屈が理屈どおりにいく」というところが
        大変気に入りました。

        私は、その先生(Y先生)にすぐメールを送りました。
        スパムメールと間違われると困るので、私は「住所・氏名・
        そして同業者であること・分子栄養学に大変関心を持った事
        など」を切々と書いて送りました。


        Y先生から丁寧なご返事をいただき、また読むべき本等も
        ご紹介していただきました。
        Y先生が勉強している「分子栄養学」は、物理学者
        「三石巌先生」が提唱したもので、俗に「三石理論」と
        呼ばれるものです。
        
        早速、三石先生の「全業績集全28巻」を取り寄せ、
        コツコツ勉強をはじめました。
        (全業績集の中には、現在絶版になっているものもあり、
         それは、Y先生に貸していただいたりしました。)

        三石先生の御本は、物理や化学に関する記述もおおく、
        どちらかといえば、難解な部類に入ると思います。
        どうしても解らないところはY先生に教えていただきながら
        現在もコツコツと勉強を続けています。

分子栄養学による私の体験例

        分子栄養学の勉強を始めた私は、興味もあり、
        自分でも実践してみました。
        当時の私は、原因不明の「蕁麻疹」に悩まされていました。
        毎年、春と秋の2回、いつの間にか始まり、いつのまにか
        治っている、という状態でした。
        「分子栄養学」を始めた年の秋、いつもなら出るはずの
        「蕁麻疹」が出てきません。そのうち、また出てくるだろう・・・
        と思っていましたが、その年は全く発症しないまま、年を
        越しました。このとき、私は、「分子栄養学」の素晴らしさを
        身をもって体験しました。
        (この体験が、分子栄養学にのめりこむキッカケに
         なりました。)

分子栄養学についてはこちらから分子栄養学とは

■「分子栄養学」は、1953年、イギリスのワトソンとクリックによる「DNAの二重らせん構造の発見」から発達した「分子生物学」から始まった学問であるため、科学的ではありますが、同時に非常に難解な学問でもあります。
        
■「漢方薬」と「分子栄養学」 この2つは、どこまでいっても終わりということはありません。わたしは、この2つは、ライフワークだと思って生涯勉強を続けていくつもりです。

また、私が勉強したことをわかりやすく皆様にお伝えすることが、務めだとも思っています。

  トップページに戻る

このページのTOPへ