漢方薬・自然薬・一般薬・優良健康食品  大分県杵築市 『元気の科学を追求する』 くすりデザイン.
トップ | 病気の解説 | おすすめ商品 | ご注文 | お問い合わせ | リンク | サイトマップ | ブログ:花のかぜまる漢方堂
病気の解説 トップ
目の病気
女性の病気
皮膚の病気
体の痛み
内臓の疾患
神経症
循環器疾患
ホルモンの病気
その他の病気
がん(悪性腫瘍)
食養生



トップへ戻る





●病気の解説●

ホルモンの病気

糖尿病  バセドウ病  甲状腺腫  甲状腺炎  甲状腺機能低下症


●糖尿病●・・・インスリンというホルモンの不足

(糖尿病の原因)
  ご飯やパン、うどんなどの麺類、砂糖やくだものなどは、体の中で消化されると
  「糖質」という栄養分になります。
  
  この糖質は、血液の中に溶け込んで、体中の組織に送られ、そこで
  エネルギーとして利用されます。

  しかし、何らかの理由で、この糖質の利用がうまくいかず、血中の糖質の量
  (血糖値)が異常に増えてしまう(高くなってしまう)ことがあります。

  なぜ血糖値が高くなってしまうかというと、すい臓から分泌されるインスリン
  いうホルモンが上手に働かなくなることが原因です。

  すい臓の中には、ランゲルハンス島(とう)と呼ばれる内分泌線が(すい臓の
  中で)あち こちに点在していますが、このランゲルハンス島の中のβ細胞
  (ベータさいぼう)から、インスリンは分泌されます。(インスリンは、すい臓の
  すべての細胞から分泌されるわけ ではなく、β細胞のみです。)

  インスリンは、ホルモンの一種で、血中の糖分をドンドン利用して、エネルギー
  を産生し、血糖値を下げる働きがあります。

  その一方で、すい臓のα細胞(アルファさいぼう)という細胞は、グルカゴン
  いうホルモンを分泌します。

  グルカゴンは、インスリンとは逆に、血糖値を上昇させるホルモンです。
  私たちの体が、常に血糖値を一定に保っているのは、このグルカゴン
  インスリンという2つの ホルモンが、バランスを保っているためです。

  しかし、インスリンを分泌する量が少なかったり、働きが十分でなかったり
  すると、糖質が血中にどんどん残り、血糖値が上がってきます。

  これが糖尿病です。糖尿病になると、糖質をエネルギーとして、十分利用でき
  なくなります。


(糖尿病の名前の由来)
  血液が腎臓にある糸球体(しきゅうたい)で濾過されるときに、水分とともに
  栄養分(糖分など)もこしだされますが、これらは尿細管で再吸収されます。
  こうして残ったものが、尿となります。

  ところが、血液の中に糖分が多すぎると、尿細管での再吸収が間に合わず、
  尿に糖分がでてしまいます。

  このように、血糖値が高いと、糖が尿の中に出るので「糖尿病」と呼ばれます。


(糖尿病の症状)
  糖尿病を発症すると、血糖値が高くなったり、尿に糖分が出るだけでなく、
  1日の尿の回数や量も多くなります。

  糖質が、エネルギーとして十分利用されていないので、疲れやすくなり、
  空腹感を覚えます。
  また、尿量が増えるので、のどの渇きも出てきます。

  その他、性欲減退や月経不順などもおこりますし、免疫力が弱くなりますの
  で、ケガの治りが悪かったり、風邪を引きやすくなったりします。
  
  ヘモグロビンと糖が結びついて、血液がドロドロ状態にもなってきます。
  血液がドロドロになると、毛細血管が多いところでは、つまりやすくなります。
  その結果、引き起こされる病気が、視力障害動脈硬化、腎不全などです。
  特に最近は、糖尿病が原因の、「人工透析」が多くなっています。
●バセドウ病・・・甲状腺機能亢進症で、ホルモン分泌過多が原因で
  起こる病気。

(甲状腺の働き)
  体の中に取り入れられた栄養分は、呼吸によって体内に取り入れた酸素と
  結び付いて、エネルギーを産生します。
  
  これを代謝といいますが、甲状腺から分泌されるホルモン(甲状腺ホルモン)
  は、発育を促進したり、代謝を盛んにする作用があります。

  甲状腺は、のどのあたりに、気管に張り付くようにして存在する
  内分泌器官です。

  甲状腺の細胞は、血中のヨード(海藻にたくさん含まれています。)を
  取り込み、アミノ酸と結びつけて、甲状腺ホルモンをつくります。

  このホルモンは、甲状腺にある濾胞(ろほう)にため込まれます。
  そして、脳(脳下垂体前葉)から甲状腺を刺激するホルモン(甲状腺刺激
  ホルモン)が送られると、甲状腺ホルモンが血中に放出されて、全身へ
  送られます。

(注)ヨードがたくさん集まっているところは、甲状腺ですが、実は、すべての
細胞に含まれているようです。
それも、細胞内の核膜にくっついているらしく、このことは、ヨードが遺伝暗号の
解読に関わっていると推測されている根拠になっています。

(バセドウ病→甲状腺ホルモンの分泌量が多すぎると…)
  甲状腺ホルモンの分泌が多すぎると、動悸や息切れ、不整脈、微熱、眼球の
  突出、体重減少手指のふるえ、などの症状がでてきます。

  また、精神状態が不安定で興奮しがちの傾向があります。

  何もしていないのに、脈が速くなり、汗もかきやすくなり、まるで運動している
  ように、代謝が盛んになってきます。

  これがバセドウ病(甲状腺機能亢進症)です。女性に多く起こりますが、
  原因はまだ、よくわかっていません。

●甲状腺腫●
  血液中の甲状腺ホルモンが足りなくなると、脳がその情報をキャッチして
  甲状腺刺激ホルモンをどんどん出し、甲状腺ホルモンを作ろうとします。

  ところが、原料となるヨードが足りなければ、甲状腺はホルモンを作ることが
  できません。そこに刺激が来るものだから、甲状腺は腫れてしまうのです。
  これが、甲状腺腫です。

  甲状腺が腫れると、首が太くなります。ヨーロッパ大陸の内陸部山岳地帯の
  人々は、海藻を手に入れにくく、甲状腺腫にかかった人(首の太くなった人)が
  多かったようです。
  
  この甲状腺腫が、海藻を焼いた灰を飲むと治ることは、だいぶ古くから
  知られていたようです。
  
  しかし、なぜ治るのかがわかりませんでした。
  これが海藻に含まれるヨードのおかげだとわかったのは、1895年の
  ことでした。

●甲状腺炎●
  甲状腺に、細菌などが感染して、炎症を起こすことがありますが、これを
  甲状腺炎といいます。

(亜急性甲状腺炎)
・・・甲状腺ホルモンがドンドン分泌されるので、
  代謝が異常なほど高まります。
  
(慢性甲状腺炎)・・・甲状腺濾胞(ホルモンが詰まっている小さな袋のような
  もの)が委縮して、代わりにリンパ液のつまった濾胞(ろほう)が
  できてしまいます。これを、「橋本病」といい、自己免疫疾患の1つと考えられて
  います。
  橋本病は、中年過ぎの女性に多く見られます。

  慢性甲状腺炎(橋本病)になると、甲状腺ホルモンの分泌量が低下して、
  甲状腺機能低下症になります。

●甲状腺機能低下症●
  慢性甲状腺炎などによって、甲状腺ホルモンの分泌量が低下すると、
  さまざまな障害がおきてきます。

  甲状腺ホルモンは、代謝を盛んにする働きをもっているので、
  それが不足すると、代謝率が悪くなってしまいます。

  症状としては、体のむくみ、特に、まぶたのむくみが顕著になってきます。
  そのほか甲状腺の腫れ、体温の低下、皮膚の乾燥、あるいは、だるさや
  無気力などがあります。

  治療法としては、甲状腺ホルモンの投与が効果的です。
  原因としては、橋本病などがありますが、先天的なものでは、クレチン病
  などがあります。


このページのTOPへ